蝸牛日記(Pseudomenos版)

嘘ばかりの日記です

20170916

喘息が出かかっているようで少し息苦しい。
昼過ぎ、夕飯の買い物に出たついでに久々にたらば書房に寄る。入り口正面の平台に『月の満ち欠け』が無い。『影裏』は一番いいところにあり、仕入れの不具合でなく店のポリシーかな。棚差しされた「さ」の列にも佐藤正午本がない。

同じく平台に河出から出たECDの新刊。ちくま文庫からもECDの新刊が出るはずで、なんだか生きながら追悼されてる感じがする。病は治らないにしても彼が長く行けますように。
しかしこの本、印刷が薄いなあ。本文、スミでなく褐色の特色かもしれぬが、老眼が始まっているらしい僕の目では裸眼で判断がつかない。ただ薄く見える上にさらに表裏の刷りムラが目立ってモヤモヤする。いいデザインなのにもったいない。
日本の文芸棚はいつも流してしまうけれど、海外文学と人文系の棚は相変わらず眺めていて読みたくなる本ばかり。ケルテスのOn Readingが面陳になっていて、これはネットで見たきりで初のナマでの出会い。欲しい。
嬉しい気持ちでずらっと並んだ本を見ているうちに、だんだん息苦しくなってくる。欲しいものだらけなのに、時間も財布も間に合わない。焦りの感覚で、それはあまり役に立つものではないけれど、それでも勝手に湧いてくるのだから致し方ない。
嵐直前。テンション低いいちにち。

広告を非表示にする

20170915

今夜の電車は大船止まり。明日から連休だし、台風はまだ大丈夫そうだし、歩くか。
と、唐突にラーメンが食べたくなり。
大船駅周辺のラーメン屋というと天一日高屋、家系に博多という感じで展開していて、なんかどれもピンとこず、天龍へ。
駅から徒歩5分以上あるかな、店が絶えて住宅街へ入ったその辺りに。掘っ建て小屋みたいなカウンターのみ、前面解放赤のれんなラーメン屋があり、カウンターの向こうには昔ながらの湘南のおばちゃんが、多分じゃんじゃん言う地元言葉喋る、漁師の奥さん風のおばちゃんが1人おって。ラーメン500円。
たくあん食べる?と小皿にたくあんを出す。
写真の通りのオーセンティックな中華そば、麺はたまご麺かな、最近にしては太めの色艶良いのが泳いでいて。
つゆが水のような。塩分も油分も主張しない、酒の後には薄いと感じるようなものなのだけど。
旨いんだなこれが。
昔の海の家みたいなラーメンをずるずるすすってると、小さく流れてるAMラジオからコーネリアス「あなたがいるなら」。痺れた。おばちゃんと言うより、おかあといったほうが合うような、そう、学食にいたあんだーばあのようなおばちゃんと、水のようなラーメンと、コーネリアス…。
レイドバックした鎌倉の真夜中。

f:id:Arithmatix:20170916021234j:image

広告を非表示にする

『躯体上の翼』

昨年の『ニルヤの島』(柴田勝家)に引き続き、今度は『躯体上の翼』(結城充考)を無くした。

前回はソラシティのトイレだったが、今回は山手線終電。神田から乗車して、新橋で降りるつもりだった。クライマックスに差し掛かった物語が、睡眠不足と酔をいなしてくれると思っていた。甘かった。

気がつけば列車は大崎駅で停車しており、いつものように、降りた記憶も曖昧に、改札の前で大崎駅にいることを認識した。タクシー等を活用してなんとか帰宅はかなったが、文庫本は忽然と消えた。翌朝、続きを読もうとカバンを覗き込んで気がついた。もう助からない。

読みさしの部分はヒロインの員(えん)がついに道士に相対するシーンで、物語は疾走していた。読みはじめ少し怠い感じに思い、少し読んでは放置を繰り返してきた本だけれども、ついに読み手と本の波が合致してまさにトラパーに乗っているところだった。帰宅して自宅の机付近を探しても出てこない。半ば書籍置き場と化しているベッドの片隅にもない。山手線に置いてきたのだろうか。

『ニルヤの島』のときはその後図書館に頼ったが、それは物語が後半に突入したくらいのあたりで、のめり込んでいたもののまだちょっと距離を置いても大丈夫なくらいの距離感だったからで、偶然図書館に蔵書されていることが分かって大変助かったのだけれども、今回はそうは行かない。ア・バオア・クーで、シャアとアムロが睨み合ったくらいの場面で、そんな所でやめられるわけもなく、素直にKindle版を買った。表紙が30年位前のハヤカワ文庫っぽかったこともある。初期神林の『あなたの魂に安らぎあれ』とか『プリズム』とかああいう手描きのテイストで好きだった。そうだ、『プリズム』は墨に青で、まさに合致するんだな。

朝、観念してKindle版をポチって、そのまま出社する間で読了。タイトな筆致は生きすぎてしまった2人を一気に最後まで運び、そのまま駆け抜けていくもので、うん、買い直したのは正解でしたね。

ということで諸君、飲んだら本を広げちゃダメだぞ。

躯体上の翼 (創元SF文庫)

躯体上の翼 (創元SF文庫)

ニルヤの島 (ハヤカワ文庫JA)

ニルヤの島 (ハヤカワ文庫JA)

『夫のちんぽが入らない』

一昨日はどうやら三浦半島のルルイエ田浦まで行ってしまった私であるが、昨日は乗り過ごすこともなく無事下車して、気分が上向いていてそのまま歩いて帰宅した。自宅に点いたのが1時半位だったか。奥の部屋の明かりが灯っているので覗いてみたら、息子氏がこたつで爆睡していて、かみさんはその隣の布団で爆睡しており、まことにお疲れさまなのであった。妻の人には頭が上がらない、不肖の旦那である。息子をこたつから引き抜いて、かみさんの隣に放り込んで風呂に入った。

昨夜は新宿でNさんと原田兄とゴールデン街で春樹待ちという夜だったのだ。僕は春樹には今回は用がないので終電でお先に撤退した。そもそもは、原田兄に『夫のちんぽが入らない』(こだま/扶桑社)を借りる(そして『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』を貸す、はずが忘れてしまった)という算段で、神保町で会うはずであったのだが、Nさんが春樹待ちで新宿に現れるという情報を得て、ご一緒させてもらうことになった。

夫のちんぽが入らない

夫のちんぽが入らない

ゴールデン街某店で出版界隈の話をあれこれ3時間ばかり、この話をこのまま配信したらものすごく面白いだろうねとかいいながら(もちろんそんなことは出来ないのであるが)ビールを片手に久々に楽しませていただいた。お二人に多謝であります。 さて問題の本を帰路読みながら、そして帰宅してからも読みふけって、結局読了してしまった。この本、だいぶアレなタイトルだ。でも中身は心の弱い女性が過酷な人生を生きてきた半生の記録で、極めて真面目な本なのである。

旦那と物理的に出来ないという笑えないトラブルを抱えたまま、ついには夫の風俗通いを黙殺しながらも、それでも著者夫妻は20年もおそらくは望んだまま、夫婦を続けている。作者の心が振り切れていたときには、出会い系サイトで知り合った見知らぬ男性と次々に喜びのない行為に及ぶ(なぜか他人のちんぽは入ってしまうのだ)。

作中精神を病んだヒトのオンパレードで、類が友を呼ぶのか、それとももともと世界には精神を病んだ人が溢れているのか(多分後者だ。「フツウの人」なんてまずいない)、深い霧の中を作者は逃げることも出来ず進んでいく。そう、この手の人はまず逃げるということが出来ないので、ゾンビのようになりながらそれでも突き進んでしまう。

夫婦ともに教員であり、作者は心を壊して教職を降りるが、面倒見のいい旦那は教職にとどまりドロップアウト寸前の子供に付き合い続け、こちらも心を壊す。教育というものに関わる人間が集まって、なぜこんなに他者を労ることが出来ないのか、というくらいにこの夫婦の環境は孤独で、真剣に仕事をすればするほど病んでいく。そして今日もちんぽが入らず、旦那は旅行に行くと嘘偽って風俗に通うのである。 夫婦といっても、そのあり方は千差万別で、多様性に満ちている。この二人も、こんな関係でありながら、互いに夫婦であろうとすることをやめない。

AMAZONのレビューでは評価が二分して、なぜこのような状況を改善しようとしないか分からない、二人で頑張って改善しようという結末がなくて失望したといった正しさを求める批判がかなり見られるが、渦中の二人には、いまこういう風にしかならないというリアルな毎日があるはずで、部外者の正しさなんてそこでは遠くで光っている星程度の意味しかない。むしろそれ自体が暴力で、そうした暴力の場である学校で二人は戦って壊れていく。

母娘関係、自己肯定感の欠如、肉体的な困難(旦那がでかいのか、著者が小さいのか、はたして両方なのかはわからないが、入らない。また、筆者は後半、自己免疫系の疾患で関節に異常が出るという二重苦を負う)、個別に撃破したい困難だらけの人生で、それでも、その人生をなんとか肯定して穏やかに着地しようとあがいていく。乾いた筆で淡々と描く人生は、ときにユーモアを交えつつ、そのユーモアも痛々しくて、辛い。そしてその中心に居座る、なんと当たり前な行為をこなすことが出来ないそのトラブルを素直に叫ぶ本なのだ。

レジには持って行きづらい本だけれど、身の回りに心が壊れたこのある人がいたり、なんであれ心に辛さを抱えて不安定な毎日を生きている人には刺さると思う。書店では田中圭一さんの『うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち』や、永田カビさんの『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』などと並べられていることが多い。過去から、同様の病はあったはずで、それは表に出すことができなかったのだと思う。いまそのような病が増えているのではなくて、むしろライトな形でカミングアウトできる世の中になってきたのだと、素直に歓迎したい。

まぁ読みなさい。

NovelJamは終わらない

まだまだ終わらないぞ野辺ジャム。

今回「編集」枠で参加した古田靖さん(カナカナ書房雑誌トルタル主催)がポツポツとNovelJam参加記を書き始めている。

note.mu

NovelJamは2日間という限られた時間の中で小説を仕上げて電子書籍をパブリッシュするというイベント。雑誌「群雛」をリリースしてきたNPO法人日本独立作家同盟が主催する今年から始まった取組みだ。編集枠と作家枠のいずれかで申込み、当日発表される編集担当と作家さんでタッグを組んで作品を仕上げる。書き上がった作品は装丁㌠に装丁して頂いて、今回協賛のBCCKSさんのシステムを利用して電子書籍化。最終的には藤井太洋さんをはじめとする今を旬な作家さんから講評/受賞までされるという、涎もののイベントなのである。

これは実に意欲的な取組みで(現在進行系。来年も開催される予定である)、これまでセルパブといえば「著者」のものだったのを「編集者」という枠組みを入れてきたのが面白いし(「トルタル」「Air」「澪 MIO」おっと「群雛」などの雑誌はあったけど)、そこに新城カズマさん(きゃーっ♡)みたいなプロがしゃしゃしゃって出てきて賞をかっさらっていったのも最高だ。

いわゆる出版は作家、編集、営業(販売)の三位一体で稼働している。このあまりに完成した、悪い言葉でいえば硬直した体制の外側で、かたやインディーズ(いわばFor the rest of “us")によって、かたや絶版や販促の不足に不安・不満をもつ既存作家によって、作家発信の出版=セルフパブリッシングが発達してきた。

このためセルフパブリッシングの「セルフ」部分はほぼ「作家」個人であったわけだけれども、ここへきて編集が視野に入ってきたのは、「群雛」をリリースし続けてきた日本独立作家同盟ならではのことであるだろうし、なによりも良い作品を作っていく上で作家+編集という組み合わせが有効に機能するということが、改めて発見されつつあるようだ。そしてこの発見のリリースが、セルフパブリッシング界隈のセルフメイドなイベントではなく、同盟の名前で開催されることで一つの流れを既存およびインディーの出版に関わる人たちへ提示できたということが凄く楽しい。

今回は新城カズマさんの『原稿は来週水曜までに』(編集賀屋聡子、アートディレクション松野美穂、デザインkasuga、イラストレーション有田満弘)が最優秀賞を受賞し、実力を見せつける形となった(懇親会で審査側の藤井太洋さんから新城カズマさんに「大人げないw」というコメントもあったそうだ)が、セルフパブリッシングの世界では全員がプロフェッショナル。そういう畑で作物育てて売るのよってことで、いわゆるプロとセルパブ作家が同じ舞台にいるのはこれは極めて正しいというか「当たり前」のことでこれもまた凄く楽しいことと僕は感じる。

今回はBCCKSさんからパブリッシュして(講評を得て)完了ということだったが、今後はBCCKSさん含め、完成した作品をどのような形でどこから出すかまで含めて検討するような踏み込み方もあると更に楽しそうだ(時間的な難しさはイベントの作り方で解消出来るはず)。

無料配布するのでなく売る以上、作品が売れることには大きな期待があり意味がある。その「売り」の部分は、今回で言えばBCCKSさんでパブリッシュされた後に現在Kindle等でも販売が始まっていて、この方面の先駆者うめさんが早速上手にツイートしていて、界隈ではNovelJamの第2回戦が始まったと喜びの声も出ている。パブリッシングというのは作品を作って出して終わりではないわけで、これもまた実におもしろい。だって実際売らない版元さん多いじゃない〜(というあたりの話はこれまでもセルパブ界隈ではさんざん話されてたね)、作家さん+編集㌠はガンガン売ればいいよね。ということで、NovelJam第1回は、すぅっと収束せずもっともっとこれからが盛り上がればいい。

初回NovelJamでパブリッシュされた本についてはこちらからドゾ!

bccks.jp

NovelJam

HOA Cafe

鎌倉は材木座海岸のHOA Cafeを見付けてから、これはいいぞと今日も息子と。なにせ寒いので、海岸でお茶を沸かすより店で暖まりたい。一人だったらビール頼んで本でも読んで緩みきれるであろう冬のよい一日。

R0012375

ここのドーナツは大豆を使っているとかで、むっちりとした生地と素朴な味が魅力。どこかの飯系サイトのコメントではコーヒーがあかんみたいなこと書いてあったけどそんなこともなく普通に美味しい。なにより材木座海岸からR134を挟んですぐの立地が素晴らしくて、ゆったりした店内のソファで海の気配を感じながらボーっとするのに最適かと。

今日は息子ちゃんはバニラのドーナツ、僕はラムレーズンシナモンとコーヒー。雪混じりの天気で散歩にも観光にも向かない一日で、店ものんびりしていたのでダラダラさせてもらいました。

R0012381

大町から材木座に抜けて突き当り、駅から歩くと20分くらいだろうか多少不便な場所だけれど、その分おすすめ。お酒もあるので夕方にダラダラするにも良さそう。夏は混むのだろうなぁ。

R0012376

広告を非表示にする

2016年見た映画

Fbで昨年の映画上位3位の話題が長く表示されていて、じわじわと自分でも書いてみたくなってのでどれやってみるかと考え始めたらまだダラダラと長くなりそうなので三日坊主ブログで書くことに。

この世界の片隅に

はい1位。圧倒的でした。質、深さ、アニメとしての完成度、どれをとっても本当に素晴らしい。クラウドファンディングやっているときにどうしてちゃんとキャッチできなかったかとても悔やまれます。

続きを読む